その他

新型コロナウイルスワクチン接種に関するQ&A ~よく聞かれる副反応のまとめ~

高齢者へのワクチン接種が80%を超え、職域接種や地域接種では働く世代、若い世代へのワクチン接種が進んでいます。(2021年8月11日現在 厚労省調べ)

初めての新型コロナワクチン接種で、

ワクチンを打つのが不安
副反応が心配

とワクチン接種を迷っている方、悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実際看護師として企業や市町村でのワクチン接種の現場に行く際も、ワクチン接種についての質問を受けることが多くあります。今回は企業の社員さんや地域の方からよく聞かれる質問について、厚労省の資料や先生から聞いた意見のまとめを紹介していきます。

ワクチン接種に関するQ&A

ファイザー社とモデルナ社の違いは?

病院やクリニックなどでの個別接種ではファイザー社のワクチン、職域接種ではモデルナ社のワクチンが使用されることが多いです。
ファイザー社 モデルナ社
接種回数 2回
接種間隔 3週間 4週間
保管・扱い ‘-60度~-80度
要希釈
‘-20度
希釈不要
対象年齢 12歳以上
発症予防効果 95%前後
感染リスク 90%前後

扱いやすさから企業での職域接種では、モデルナ社のワクチンが使用される傾向にあります。インフルエンザワクチンの予防接種の発症予防率が60%~70%であるといわれているため、発症予防効果は高いといわれています。

ワクチンを打ってもコロナに感染する?

感染します。インフルエンザの予防接種でA型のワクチンを打った人がB型や新型のインフルエンザにかかるのと同様です。しかし、ワクチン接種後は免疫ができるため発症時の症状が軽くなる方が多いです。

コロナにかかった後でもワクチン接種はできる?

コロナ発症後の1回目、2回目のワクチン接種は可能です。発熱や咳などの症状がないなど、体調面と周りの人への感染のリスクを主治医が判断して実施します。

ワクチン接種後にどんな症状が出る?

注射後は痛み・疲労・頭痛・筋肉痛・発熱などが見られます。接種当日に症状はなく、翌日以降に数日間症状が出る方が多いです。1回目では腕の痛み・腫れ、2回目では倦怠感・発熱が主な症状として挙げられます。

アナフィラキシーや血栓症などの重傷な副反応が心配です。

重篤な副反応についてはワクチン接種者全体の0.01%と報告されており、2021年2/17~6/13日の期間では1千万回以上の接種の中での死亡例は0件です。(厚労省 副反応疑いの状況について)。

事前の医師診察にて重篤なアレルギー症状を発症したことがある方など、リスクの高い人を分けていたり、事前に重症者の受け入れ病院や医療物品(アドレナリンや挿管器具など)を取り決め・準備したり安全なワクチン接種をへの努力があってこその数字だと思います。
私が参加したワクチン接種会場(約1万人の方が接種)では、副反応による体調不良者はいませんでした。(不安や緊張で迷走神経反射を起こす方は数名いました。)

大規模接種会場の先生のお話も伺いましたが重傷者はいらっしゃらなかったとのことでした。

ワクチン接種時の注意点は?

接種当日は、激しい運動や飲酒、長時間の入浴に注意しましょう。(血液循環が良くなり副反応が出やすくなるため)

ワクチン接種後に熱が出たらどうすればよい?

水分摂取や解熱剤を使用して1~2日様子を見ましょう。発熱以外に咳や鼻水、味覚や嗅覚に異常がある場合は新型コロナウイルス感染症の可能性があるため医療機関へ受診・相談するようにしましょう。ワクチン接種前に食料や解熱剤など発熱時の対策準備をすることをおすすめします。

ワクチン接種後に腕にかゆみや腫れ、痛みが出てきたら?

接種後数日~1週間前後の症状は「COVIDアーム」とも呼ばれ健康に害はなく数日で収まります。冷やしたり軟膏を塗って対応しましょう。症状がひどい・よくならない場合は皮膚科に受診し相談しましょう。

ワクチン接種時の発熱に市販薬は飲んでよい?

市販薬の解熱剤などを飲んでも大丈夫です。基礎疾患がある場合や授乳中の方、子どもの場合は飲める薬が限られる場合があるので、主治医や薬剤師に相談しましょう。

予防的に解熱剤を飲んでもよい?

現時点で予防的に解熱鎮痛剤を内服することは推奨されていません。発熱やだるさは1~2日で収まるので、週末に接種したりお休みを事前にとることをおすすめします。

まとめ

今回は、看護師の新型コロナウイルスワクチン接種時の副反応に関するQ&Aをまとめていきましたがいかがでしたか。この記事がワクチン接種への不安や悩みの解消につながれば幸いです。また、ワクチン接種にここに書いてあることがすべてではないので、正しい情報を取捨選択しながら、打つ・打たないを決めていただければと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました。