看護師

看護師寮への引っ越し〜入寮経験者に聞くメリットデメリット〜

国家試験も終わり、いよいよ4月から新生活がスタートしますね!

4月から地元を離れ遠方で活躍される方も多いと思います。

病院の説明会で寮の説明はあったけど

看護師寮って何が良いの?
学生時代の寮と何が違うの?

と入寮に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、看護師寮のメリットやデメリット、学生寮との違いについて看護師寮に入ったことのある先輩方のリアルな意見を紹介していきたいと思います!

看護師寮のメリット

看護師寮のメリットとして、

通勤が便利

家賃が安く経済的(1〜2万程度)

同期と仲良くなれる、友達とすぐ会える

などが挙げられました。

働くナース
働くナース
安いしキレイで広い!
働くナース
働くナース
借り上げなので周りは他人で気楽だった
働くナース
働くナース
通勤が楽。家賃が安いから貯金できる!
働くナース
働くナース
寮の子と仲良くなれる!
働くナース
働くナース
友達と会ってすぐに話せる

借り上げの場合は場所にある程度自由があり職場の関係者がまわりにいないこともあります。

学生寮との違いは、風呂やトイレ、キッチンなどが共有ではなく、一つ一つの部屋にあることです。

お金を貯めたい、同期と気軽に予定を立てて遊びに行きたい、1人だと寂しいという方にはおすすめです!

看護師寮のデメリット

看護師寮のデメリットは

休日でも職場関係者に会ってしまう
病院が近くリフレッシュできない
プライベートとの区別がつきにくい

などが挙げられました。

働くナース
働くナース
プライベートで職場の人と会うと仕事感が出てしまう。休みは仕事のことを考えず過ごしたい
働くナース
働くナース
同じ病院の人ばかりなので恋人を呼びずらい
働くナース
働くナース
病院が近いとシフト調整で1番先に声がかかる

同期や友達とすぐ会える反面上司や先輩など気を使う相手がいたり、サイレンが聞こえたりと気が休まらないといった声が多かったです。

まとめ

今回は看護師寮のメリットやデメリット、学生寮との違いについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

貯金をしたい、仕事とプライベートは分けたいなど優先順位をつけて寮に入るかどうか、何年住むのかなどを決めていくのがおすすめです!

看護師寮のメリットデメリットを参考に自分に合った住まいを選んでいただけると嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました!